江戸切子について

江戸切子について

江戸切子は日本の伝統工芸の一つで透明なガラスに彫刻で模様をつけていくものです。現在では伝統工芸士によるオリジナルの切子模様などがあります。いつくかのメーカーがあり、東京カットグラス工業協同組合に加盟しているところが多いです。地域ブランドとしても認知されています。高度な技術を持っている伝統工芸士は20年以上実務経験があり、現在も現役で制作に携わっている方のことで、東京都知事から正式に認定されています。江戸切子の伝統工芸士は当時からの技術を継承しつつ次々と新しい製法を生み出しています。江戸切子はお土産やプレゼント・ギフトとしても大変人気が高く、特に海外から来客された方に贈ると喜ばれることが多いようです。江戸切子の購入はインターネット・百貨店・東京の工業組合などで購入できます。また、江戸切子の文様は和を思わせるネーミングが多く存在します。魚子(ななこ)はキラキラと輝く模様が魚のうろこのようなところから名づけられています。麻の葉は切子が交差する部分が麻の葉に見えるとこから名づけられているなど様々です。

伝統工芸の江戸切子を豊富に取扱いしています。カガミクリスタル・彩鳳などの職人が作り出す江戸切子はなんとも言えない美しさがあります。
江戸切子.net