江戸切子について

薩摩切子と江戸切子

薩摩切子と江戸切子は、発祥のルーツが違います。薩摩切子は薩摩藩(現在の鹿児島県)の島津斉彬が藩の工芸品として絶局的に製造に携わって発展した「官」のイメージに対し、江戸切子は町人・商人の庶民文化から発展した「民」のイメージといったところです。製品としての違いは薩摩切子が大胆な形で深い色被せガラスを使い全体的に淡い色合いをしているのに対し、江戸切子は薄く被せた色被せグラスを使い、出来上がりは鮮明ではっきりとした印象の製品が多いです。